smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
sponsored links
profile
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 百合漫画いろいろ | main | 中村明日美子いろいろ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ヤマシタトモコ『タッチ・ミー・アゲイン』

ぐわー! 出た〜〜〜!

今月はヤマシタ先生の、2ndと3rd、2冊も出るなんて!! なんて素晴らしい月なんだ。

はーー満喫しました〜
いろいろ詰まった短編集。
ちょっとお腹いっぱいすぎなくらいだ。

東京漫画社を中心に描かれている方で、今一番の注目株。
じわじわじわじわときて、今ブレーク中。実力派若手BL漫画家。

私も、めちゃくちゃ!!!大好きだ。
1st『くいもの処明楽』を最初読んだ時に、すっごくいいと思ったけど、
まだ悶え死ぬほど、心締め付けられていなくて。
あまりすごさがわかっていなかった。

東京漫画社の「カタログ」シリーズで、

「イッツマイチョコレート」
「その火をこえてこい」

を読んで、殺された……。
1日で30回くらい読み返した。
短編が、どうかと思うくらい、上手い。

「イッツ〜」は、兄妹弟モノ。5人の妹弟が出てくる。
一コマ一コマに釘付け。食い入るように、目を皿にして堪能。
この人の描く女の子も、すごく可愛い。

「その火〜」は、同級生モノ。図書館。
三島の『潮騒』を使っているのが、にくい!にくい!!たまらん!

今回の短編集もよかった!
見事な才能にひたすら感心して、萌えツボが全然合わなくても気にならない。
登場人物の心の振動が、紙面の外にまで伝わってくるのがすごいし、
職業だとか、服とか靴の柄だとか、コマの中のすべてによって、
その人の内面が形作られる、その有機的な美しさにため息が出る。
デザイナ×紙屋の「息をとめて、」はひたすら大好き。

最新刊『ライバルカタログ』の「Re:hello」も、いい。

…もしさ
…もしおれが女で姉ちゃんの妹ならさ
…姉ちゃんのお古のウエディングドレス着たりして
夏実ちゃんみたくかわいい子が生まれたりしてさ
なんて………ごめん
…思うんだたまに
もし女だったらさ
今ごろこんな思いは……… 


↑のシーンは、たまらない。
夏実ちゃんという姪っ子の頭ぐりぐりしながら、お姉ちゃんに向かって、
詮もないことを言ってしまう感じが、ものすごくよくわかる。
こういう心の襞の描き方が、目が離せなくなってしまう。

はーーー。1月17日の『恋の心に黒い羽』も楽しみだ!

ところで、「カタログ」シリーズ、楽しいですよね。
大抵2,3作しか読まないけど、「青春」とか「兄弟」とかで、
アンソロジー作っちゃおうっていうコンセプトが楽しくていいなあと思います。

at 10:48, koreka, BL漫画(ヤマシタトモコ)

comments(2), trackbacks(2), pookmark

スポンサーサイト

at 10:48, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
koreka, 2008/01/20 10:22 PM

ばーどさま、
ようこそお越しくださいました! 
コメント、TBもありがとうございます〜〜。
うれしいです(>_<)

いきなり年初めにビッグウェーブでしたよねー。頭沸騰しすぎちゃったので、これから冷静にじっくり読み返して行きたいもんですー

短編掲載のペースがコンスタントなので、ひょっとすると、年内4冊目いきそうな感じもなくはなく?年内4冊目年内4冊目と念じつつー(でもそんなに早いとそれはそれで心配に)

ばーど, 2008/01/20 5:48 PM

こんにちは

さっそくTBさせていただきました。よろしくお願いします。

ヤマシタさんへの愛が溢れてますね。
私もとうとう?ファンになってしまいました(笑)

今月それもまだ一月なのに、2冊もでるなんて
今年の残りはどうなるんだと、ちょっともったいない気がします。
わあ、ネガティブ(;´▽`A`` ↑
がんばってもらって年内4冊目が出るように期待しようっと(笑)

では、また参ります( ^_^)/










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。
BL Diary, 2008/01/20 9:25 PM

ヤマシタさんの描く恋に臆病なへたれ親父(受)は本当に素晴らしい。 今回も、もう可愛すぎてたまりません。 攻めがことごとく変態サディストだというのもすごく頷けます。 だって、本当に苛めたくなるんです…! 「え おれが 抱かれるの?」的な受けが大好きな方

とうがたった腐女子です, 2008/01/20 5:33 PM

Tomoko Yamashita [Touch me again] 飛ぶ鳥落とす勢いで新進気鋭作家さんの、まだ2冊目がでました(笑) えーっと、確かに面白い作家さんだと思いま...